スポンサードリンク
湾スタ内検索

›2005年05月31日 Blogランキング(バイク)

F1第7戦ヨーロッパGP - ファイナルラップに波乱が

by 178M at 02:00 / Category: F1 / 0 Comments / View / 1 TrackBack

スポンサードリンク

f1_europe_2005.jpgF1第7戦ヨーロッパGPが終わりました。

今回のGPは個人的な騒動もあって冷静な目では見れなかったGP、残念です。
一応レースは見ていたのですが、とても楽しく見る気分ではなく、ただぼーっと画面を見つめていたそんな感じです。

個人的な騒動の件については後日詳しく書きます。


そんな状況ですので、レースの中身、とくに中盤はすっぽり抜け落ちています。
それじゃ意味無いじゃんという声も聞こえてきそうですが、とりあえず感想を書きます。

まずBARの復活。
これはよかった。
もちろん成績はいまいちだったわけだけれど、とにかく走れただけで良しとしましょう。
スタートでは、BAR2台ともグリッドを上げ、おおっと思わせましたが、琢磨はトラブルに巻き込まれていたようですぐにパーツ交換にピットへ。
これで琢磨のヨーロッパGPは終わりました。
完走はおみごと!次戦に期待です。

フェラーリ。
予選では今までより、少し早さを感じさせてくれた。
レース中、タイヤもきれいなまま走行していた。
バリチェロ、ミハエル共に上位入賞で次戦以降の復活の期待が高まった。

マクラーレン。
ライコネンの速さは相変わらず。
しかし悪夢のファイナルラップ。
ペースは落ちて明らかにタイヤに辛い状況は、誰の目にも明らかだったけれど、バーストするとは...。
しかもファイナルラップ。
不運としかいいようがない。
しかしこれもレース...か?

レース結果
1 F・アロンソ ルノー
2 N・ハイドフェルド ウィリアムズ
3 R・バリチェロ フェラーリ

次戦はカナダGP、BARの躍進とフェラーリの復活に期待したい。

この記事に関するコメント、TBお待ちしています。

blogランキング




スポンサードリンク
Comments
Post a comment












名前、アドレスを登録しますか? 
このエントリーに返答があったらメールで知らせる: