スポンサードリンク
湾スタ内検索

›2004年12月07日 Blogランキング(バイク)

メールフォームを設置...その他MTカスタム覚え書き。

by 178M at 22:59 / Category: etc / 0 Comments / View / 0 TrackBack

スポンサードリンク

mailform.jpg寒くなりましたね...(+_+)。
心も体も寒いこの季節、新鮮なかにで鍋でもいかがですか?






プロフィールの欄に、左(←)の画像のようなメールフォームを設置しました。

コメントに書くにはちょっと...ということも、ここから気軽に送ってくださいな(^◇^)。

メールフォームを使えば、メールソフトを立ち上げたり、Webメールだとメールアドレスをコピーしたりする手間が無いので簡単に送れますよ。

試してみてくださいな。設置方法は...


KENT-WEBのPOST MAILをカスタマイズしている。

POST MAILをダウンロードして解凍。
postmail.cgiに必要な項目を入力し...、postmail.htmlをカスタマイズ。
いらない項目を削除し、必要な項目を追加する。
ついでにフォントサイズも整えたりする。
完了したら、解凍した中身全てを、サーバの同じディレクトリに放り込む。

これでパーミーションを整えればPOST MAILが動くはず。

TOPページに表示しているのは、インラインフレームを使ってpostmail.htmlを読み込んでいる。

例.<iframe src="....../postmail.html"
 width="..." height="..."></iframe>

ここからMTカスタマイズ覚え書き

まずDBをMySQLにする方法。

これはロリポップ!マニュアルが詳しい。

手順に従って行えば、5分でできる。

MySQLにする効果は、多くのところで高速化のためと語られているが、実際にはわからない。
MTデフォルトのBerkleyDBもそれなりのDBであるからだ。
しかし、MySQLは世界最速のDB。
多少の効果はあるかもしれない。

そして、ステップサーバのユーザーの場合、大きな価値がある。
PHPADMINが使えるのだ。
PHPADMINとは、MySQLをWeb上から触れるインターフェース。

DBの中(つまりデータ)を見たり、SQLを打てるのでデータの変更まで出来る。
これはDBの知識がある人間にとっては、非常に大きいメリットだ。

次にPHPのモジュール化。

これは、サイドバーをメインページと個別ページで共通化する場合など、非常に効率的な手法だ。
また、MTの一番のネックであるリビルドをかなり高速化できる
おすすめの手法だ。

PHPのモジュール化にあたっては、まずblogがPHPで構築されている必要がある。
これは簡単だ。
ウェブログの設定からアーカイブ・ファイルの拡張子をphpにするだけだ。

PHPのモジュール化については、CROSSBREEDさんのあなたのmovabletype、重たくないですか?(テンプレートモジュール化)が詳しい。
熟読すべし!!

そして最後にMTのWebサーバの移行について。

これは面倒だが、余程の条件が重ならない限り、MTのEXPORT/IMPORT機能を使わなければできない。
DBファイルをコピーしただけでは駄目だ。(これでできると書いているページもあるが、それはある条件が揃った場合だけだ。)

そして、サーバを移行すると、旧ページにアクセスした人間が、全て「HTTP404 - PAGE NOT FOUND」のエラーを返されてしまう。
これではいけない。

そのためにリダイレクトをさせる。
リダイレクトには、.htaccessを使用する。

.htaccessのリダイレクトの記述方法は下記のようになる。
ファイル単位、ディレクトリ単位、どちらでの転送も可能だ。

例.Redirect permanent /hoge/hogehoge/index.html http://hogehoge.com/index.php

.htaccessファイルは、記述した転送もとのディレクトリより一階層上に置くこと(上の例だと/hogeの上位ディレクトリ)。
これが肝だ。

→ あひっ(゜o゜)!こんな面白いblogもあったの!?




スポンサードリンク
Comments
Post a comment












名前、アドレスを登録しますか? 
このエントリーに返答があったらメールで知らせる: